プロフィール

末ママ☆

  • Author:末ママ☆
  • 娘(ちぃ)’97生まれ
    息子(ゆっきー)’02生まれ
    の二児の母です。
    2006年4月より、松涛館流空手を習い始めました。

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

参加しています!

http://blog.with2.net/link.php?153084


カウントダウンツリー



ブロとも申請フォーム


あし@


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お褒めの言葉

今日、とある方から、
「自分の嫁も末ママ☆のように走れるようになってほしい。」
と、最高の賛辞を頂きました!!

続きを読む »

スポンサーサイト

静岡県大会

あんなに緊張をほぐして臨んだ大会は初めてです。
でもね、私の結果は、初戦敗退。。
開会式前の練習の時、自分が動けるスペースの少なさに戸惑って、
それに気を取られて、型のおさらいをしても集中できませんでした。
それこそ、かえる母さんのお嬢さんのお怪我の話を思い出しました。
前後左右に足や手を出すたびに、誰かの体に触れたり足を踏んだり。
おっ、ココはあいてるぞ!
と移動したら、
「練習してるから、あっちへ行ってね!」
っておじいちゃん先生に怒られた。
おじいちゃん先生は黒帯の少年にワンツーマンで付きっ切りに指導してた。
あ~も~。。。
子供達はいつもよりも楽しそうにおさらいをしてる。
息子のおちゃらけた態度を叱っていたら、
審判員姿の師範が登場した。
いつもだったら、喝!を入れるのに、今日は優しくてかえってそれが怖かったりして。
審判員だから、さらっと指示をしただけで役員室に帰っていってしまった師範の替わりに、
わが支部で大人は私とKさんと二人だけなので、
子供達を大きな声でまとめてみた。

8コートで次々試合が始まって、自分のコートで、順番待ち。
私のカテゴリー一般2、3部予選は平安初段~平安3段のどれかを主審がカードで選ぶ。
私はトーナメント3試合目で、1分もかからない平安初段。
主審の「始め!」って声を待たずに演舞始めちゃった。
いつも師範に言われてるんだよね~~
そそっかしくて、師範の声を待たずに始めちゃう癖を直せって。。。
演舞を終わって、終わってから手が震えだしちゃった。
終わったけど、後悔と反省が怒涛のように押し寄せて、
終わったのに、私の中では始まっていた。。。。。。。。



自分の番が終わって、一般の決勝を見学したかったけど、
娘息子の試合が始まっていたので、そちらを優先した。
他の子の演舞の合間に、一般の演舞を遠目から見ていたけど、
学ぶ所が多すぎ。

息子 2回戦敗退
娘  1回戦敗退

ウーン。。。
息子は空手を始めたばかりの時は、師範の期待をズッシリ背負っていた。
声が大きく、ほどほどに物覚えが良い息子。
私も親ばかちゃんりんで期待してたけど、
型を自分流に覚えてしまってそれを直せない。
あーーーもったいない!と師範によく言われてきた。
娘と私が「ソコは違うよ」と教えると烈火のごとく怒ってそこでやめてしまう。
自分でカンペキと思っている息子。
試合が終わって、
「1つ勝ったから、トロフィーもらえる?」
と無邪気に聞きにきた息子。
「トロフィーは4つ勝たなきゃもらえたいよ。」
とトーナメントの説明をしたけど、理解できない息子。
「何でボク、負けたの?」
と息子は悩んでいた。
おおお?そう来たか。私の見た限りの息子のダメな所を言い出した。

1、下を向いて、追い突きをしてた
2、膝が曲がっていなかった
3、決めの声が出てなかった

「声が出てたら、勝てたのに~~~」
私は何度も言ってしまった。
普段なら、私のこうゆう言葉を全く聞かない息子なのに、
今日はしおらしく聞いていた。



演舞の途中で何度も立ち止まってしまった。
型を完全に覚えてなかったのだね。


学年ごとに試合が行われるので、同じ支部の子達の演舞が見切れないのが残念だった。



午後 組手
私は組手の試合は出ないので、ひたすら応援して回った。
まずは息子。

P5110739.jpg

待ち時間のあいだ、隣り合わせた子とじゃれる息子。
初対面この二人って初対面のはずだよね。

試合が始まって、
おや、なんだかいい調子。
あれ、勝ってる。
午前中に私がクドクド言った事を覚えていたのかどうかは判らないけど、
とにかく大きな声が出せていた。
上段を上に突く癖も直って、相手の顎に合わせて突きを出せていた。
あれれと言っているうちに4回戦まですすんでしまった。
おおお!これはもしかしたら!
と、準決勝引き分け再試合ののち、負けてしまいまった。残念。
負けた相手は同じ支部のM君。
支部の中で一番のちびっこで、息子より大分小柄なのね。
息子はスタミナ切れのようで、フラフラしてた。
で、決勝で勝ったのが、このM君。

P5110740.jpg

袖や裾を折り込んでいても、まだひきずっちゃってます。


3位決定戦は無いので、準決勝で負けた2人が3位。
と言う事は、息子はトロフィーがもらえるのです。

P5110748.jpg

表彰台の前で待ちくたびれた息子。

P5110750.jpg





写真がありません。
ムービーも途中までしか撮れません。
何でかと言うと、


自分から行け!!
前出ろ!!
思い切って突き出せ!!
さがるなーーー!!



と私が叫び続けていたからです。
一応、カメラは構えていたんですよ。
でもね、それどころじゃなかったんです!
私の声が聞こえたかどうか判りませんが、
1回戦勝てました。

2回戦。
黒帯の県代表にもなる子が相手でした。
負けちゃいました。

歳が大きくなるにつれて、経験年数が増える。
そうすると、小学校6年位の子は殆どが黒帯さんです。
黒帯には勝てっこない
4年から始めた紫帯の娘は、戦う前からいじけてます。
師範に言われましたが、
去年と比べて自分はどうだったか。
ってことが重要だよ。
去年の娘は逃げてばかりで、場外になっていたよ。
今年はそうじゃないじゃん。
よくやったよ。
そう言っても、自分の成長を素直に受け取らない娘。
困ったなぁ。この性格直らないかなぁ。。


P5110752.jpg


とにかくみんな良く頑張った一日です。

斉藤さんになっちゃった

前回のブログで、斉藤さんになりたいと吠えていた末ママ☆ですが、
ついに実行に移してしまいました!!
でも、今までにもチョコチョコ、

「知らない怖いオバサン」
してましたけど。


昨日立ち寄ったコンビニの駐車場で、
小学校3,4年くらいの少年達が4,5人自転車を止めて喋っていました。
体格は小さいけど、来ている洋服は、今時の若者のジャージを臍下15cmくらいで履いている少年。。
もちろん、ズボンの裾は地面を引きずっていました。キタネー!!

3台の自転車は車止めより店側に止めていましたが、
2台の自転車は車止めより駐車場側に止めていました。
込み合う時間帯で、白癬の無い部分にも駐車している車もあって、
私は気になったから、、、


「この自転車さあ、ちょっと動かしたら、ここに車止めれるじゃん。
動かしてくれる?」

って言ってみた。。
見かけはそんな少年達でも、
「はい」
と言ってすぐに動かしたんですね。かわいい少年達よ。周りを見て察する力を持ってくれ!!



そして、今日は、かなり、怒り狂ってしまった私。。。
いつも部品をお願いしている知り合いのお店に、注文の品を取りにいったんですが、
お店を入りかけた時、これまた5,6人の少年が自転車に乗って歩道いっぱい広がって走ってきました。
私はなんだかその少年達の嫌な雰囲気が気になっていたところに、
お店に入りかけた時、こんな会話を聞いちゃったんです。

「おっ、バイクだ!かっけー(カッコイイ)!」
「乗ってみようぜ。」

と、、、
私はお店のドアの取っ手に手を掛けて、こんにちは~と入りかけていたのですが、
振り向いて止まってしまいました。
一人の少年が止めてあったバイクに跨ろうとしました。
お店のご主人も「おっ!?」と身を乗り出して来ましたが、
私が入り口を塞いでいる形だったので、私が、

「ボク、ダメじゃん。お店のものだよ。勝手に触っちゃダメだよ。」

と、ご主人より先に出て、そう言ってしまいました。
そう私が言っているのに、その少年は動きを止めず、ステップに足を掛け跨ろうとするんです。

ボク、ダメって言ってるでしょ!
ボクだって自分の自転車、知らない誰かに勝手に触られたら嫌じゃない?嫌でしょ!」

強い口調で言ってしまいました。
流石にその少年はバイクに跨るのを諦めて、自分の自転車に乗り変えましたが、
私をじっと見るんです。
その少年だけでなく、そこにいた少年達全員が私をじっと見るんです。
じっと見るって言うより睨み付ける感じですね。
その雰囲気がものすごーーーく嫌で、私はさらにそこにいたすべての少年に、

「自分の持ち物、勝手に触られて嫌じゃないの!?」
とキツク言ってしまったんですね。

「別に”や”(嫌)じゃねーし」
「わけわかんねーし」
「言ってる意味、わけわかんねーし」


あーーーーー、この言い方、ジャニーズあたりのタレントがドラマで言ってる言い方!!


「わけわかんねーし」

って私にガンを飛ばしながら立ち去るボーズに、

待ちなさいよ!!

と、声を張ってしまったのは言うまでも有りません。。

あー腹立つあのボーズ!!って興奮を押さえて、
お願いしていた部品を戴いたんですが、
お店の中で一部始終を見ていた、ご主人の顔が引きつってました。
ボーズが跨ろうとしたバイクは、ご主人のものって私は知っていました。
ですが、商品やお預かりのバイクだったとして、傷でもついたら大変です!!
私が言わなかったら、きっと、ご主人は、
「危ないよ~~」
ってやさしく言ったかもしれません。
確かに、バイクが倒れてきて下敷きにでもなったら、大怪我をします。





ぶりぶり怒りながら自分の車に乗り込んだんですが、
ふと、

・お得意さんのぼっちゃんじゃないよね
・近所に悪い評判が立ったら、どうしよう
・仕返しに来たりして

なんて、後悔が渦巻いてしまいました。
何を言うにしても、一呼吸置いてから、にしないとダメですね。

Mさん、勝手なことしてしまって、ごめんなさい。
営業妨害ちっくなことしてしまって、ごめんなさい。

あ~~やっちゃった。


斉藤さんになりたい

斉藤さん
って、そう、最近終わっちゃいましたけどTVドラマです。
主人公の斉藤さんってママが、
ツッパリ高校生だろうが、市議会議員だろうが、

「ダメなものはダメ!いけないことはいけない!」


って堂々と注意するんです。



セルフのガソリンスタンドで、給油が終わってからだらだらと窓ガラスやバックミラーを

その場で拭きだすアンタ!
アンタちょっとねーー待ってる人が沢山いるんだから、
車を邪魔にならない所に動かしてからやってよ!
ほんと、こーゆー人って沢山いるんだよね~~~<(`^´)>
私しゃぜいぜいクラクション鳴らして、窓開けて、
「もーーーーーっ!!」
って独り言のように叫ぶくらいしか出来ないんだよね~~



子供の授業参観でやってきているのに、
子供が一生懸命勉強してるのに、
喋ってるお母さんたちの多いことったらありゃしない!!
(ちっ!!)
心の中で舌打ちして目線が合わない様に、
しゃべってるお母さんの顔を見るしか出来ない私。
顔見知りのお母さんが少ない私の僻みですけどね。
そんなお母さんとはお近付きにはなりたくないけど。


世間体を気にせず、
しがらみを気にせず、


「ダメなものはダメ!いけないことはいけない!」


って言って見たいなぁ。。



目標

動機
目的
と書いてきて、
目標
がどうしても書き進まなかった理由ですが、


目標

を掲げる勇気が出ませんでした。


稽古中、師範に何度となく、
「なんのための稽古ですか?目標をきちんと持たないから、先に進まないんですよ。」
と詰められ、
詰められるたびに、
(究めたくて始めたわけじゃないのに)
と、
(体力増進と減量のために始めたんだけど)
と、
娘をダシにして始めた私は甘えていました。
一つの大会を終えるたび、
可愛い少年少女が一人、また一人と違う世界に向かってしまうたび、
自己嫌悪に陥るたび、
落ち込んで底で這いずっていました。

私は空手を習い始めてから一年間、旦那と空手の話をした事がありませんでした。
旦那は私と娘が空手を習う事を承諾したものの、
興味がないのか関心がないのか、何も聞いてきませんでした。

へそくりで娘と私の二人分の空手着を黙って買いました。
洗濯し終わった空手衣が物干しざおにかかっているのを見て、
「買ったの?」
と聞いてきた。「うん」しか答えなかったし、それ以上聞いてきませんでした。
TVのボクシングを旦那と見ている時、
「この人、足止まってるね。腕下げてガードしてないね。」
と私は言ってしまいました。確か亀田兄弟の試合だったと思います。

「空手の飛び足はボクシングと違います。
自由組手の手の位置は顔の前ではありません。」
って師範の言葉を聞いていたから、
そんな所を見てしまったんだろう。
今までの私は、格闘技に興味がありませんでした。
チャンネル権は旦那にあるので、
旦那が見ている番組をチラ見して、興奮する旦那を横目で見ていました。

そんな私が真剣にボクシングを見て、足の動きや手の位置なんて言いだしたから、
旦那もきっとびっくりしたんだろうな。
そのあとから、ポツポツと空手の事を聞いてきました。
「まだ空手やってんの?」
「空手、続いてんの?」
これって夫婦の会話?と思われる方も多いでしょう。
旦那は多分、私がココまで続かないと思ってたんでしょうね。
私も、旦那に話せば、厳しい師範の話ばかりになりそうで、
気持ちが揺らぐ気がしたんです。

私:「空手ってさ、型っていうのがあってさ、覚えられないんだよね。」
旦:「そんなのも知らんかったのか?」
私:「知ってるの?知ってたの?何で知ってるの?習ったことあるの?」
旦:「常識だら。」


ガーーーーーーン!!
常識なのか?
空手の歴史ももちろんだけど、
空手の中に伝統空手の流派と極心会館のフルコンタクトがあるなんて知らなかったし、
そういうのに興味もなかったし。
もっと言えば、カンフーと空手の違いも判ってなかった。
師範、すみません。
空手に組手と型があるのは男だったら誰でも知っていると、旦那は言いました。
はぁあ。
この頃からです。
最近、空手、どおよ?
と聞かれる度、
「師範が厳しい(T_T)」
と愚痴愚痴してしまいました。

つい最近も、そんな話をしていたら、

「べつに大会に出るために始めたんじゃないでしょ。
体力づくりの為に始めたんだからって先生にはっきり言えばいいじゃん。
はっきり言わないから、ダメなんだよ。」


いやだ!ちがう!


自分でもびっくりしたんですが、
旦那の発言を真っ向から全否定した言葉を心の中で絶叫していました。
そう、体力づくりで始めたんですけど、
それだけじゃない
上手くなりたい
上手くなって帯の色を変えていきたい!
心の奥底で思ってたんですね。
でも甘えと謙遜とで、それを口に出せないんです。
謙遜と言えば聞こえがいいけど、
口に出した以上は、達成しなきゃならないですから、
達成させる自信を持てないでいたから、
口に出せなかったんですね。
そして、師範に問われても答えられなかった理由のもう一つ、
師範に100点満点もらえる答えしか、受け取ってもらえないと思っていたからです。

でも、子供に混じって走って飛んで泣き笑いして、
成長しなきゃ上達しなきゃいけないって、
やっと大きな声で言える自信がつきました。
何年かかるか解りませんが、
やっぱり、黒帯は欲しいです。
娘と息子と3人で、親子で団体型に出場したいです。




 | HOME |  » ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。