FC2ブログ

プロフィール

末ママ☆

  • Author:末ママ☆
  • 娘(ちぃ)’97生まれ
    息子(ゆっきー)’02生まれ
    の二児の母です。
    2006年4月より、松涛館流空手を習い始めました。

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

参加しています!

http://blog.with2.net/link.php?153084


カウントダウンツリー



ブロとも申請フォーム


あし@


ブログ内検索

まだ完治せず

先日、ほんの少し走りました。
末ママ☆2号機のスーパーシェルパで、
毎度おなじみの天竜区熊の道の駅まで行ってみようと、
雨雲立ちこめる中を走ってまいりました。

続きを読む »

スポンサーサイト



払い渋り?

大手保険会社の保険金支払い業務が不適切だと、
金融庁が動いていたニュースは、私にとってもとても身近な問題だ。
損保の代理店をしているから、、、ももちろんだけど、
今、私は自動車事故の被害者だから。
加害者側の保険会社の対応の悪さは前にも書いた。
あることを調べてもらいたくて電話したら、



「主婦は給料もらってるわけじゃないですからね。」
と言ったN○K●損保のHさん。
そう、そういうことを言うんですか。
主婦の仕事をなめてますね。
朝は一番に起きて、朝ごはんの用意をしながら洗濯機を回し、
子供を起して学校に送り。。。
どんなに体調が悪くても、休む事が出来ない主婦の仕事。


家政婦さん、雇っていいですか?
それは保険では払えません


そういいますね。。
本当に家政婦さんを雇うなんて出来ないけどさ。
だってその前に大掃除しなくちゃ呼べないよ!!

それに対する損害賠償の話です。
私の職業は家業手伝い。
家業の経費の中で給料をもらう形になっている。
N○K●損保では私の職業は”専業主婦”と判断された。
ふーん、そうなんだ。
でも、弁護士先生と面談したときその話をしたら、
法律的に私の立場は”有職主婦”とみなされるそうだ。
知らなかった。
交通事故などで休業し給与がもらえなくなったとき、
休業損害を請求できる。
主婦は主婦損というのが請求できる。
私は”専業主婦”だから、主婦損と納得していたが、
先生の話を聞いて驚いた。
当然のことながら、有職主婦は給料を得ているので、
専業主婦の損害金額のほうが少ない。
これって払い渋りじゃないの?
先生に相談しなければ、わからなかった。
知らないのをいいことに、保険会社は払い渋りをする。
はじめに書いた、
保険金支払い業務も、
”契約者からの請求がなかったから払わなかった。”
と、関係者が話していたという。
細かい特約、わかりずらい説明、読みにくい規約。
保険料を払っているのに、
契約者から請求がないから。。。
と言うのはいかがなものか?
確かに、契約者も自分がどんなものにお金を払っているかシビアに見なければいけない。
保険を扱う者は、前もってきちんと説明しなければいけない。



知らないと損をする
調べないと損をする

今回の事故で痛感したうちの一つがこれだ。

良くならないよ!!

先週の日曜日、つづけて車の運転をした。
時間にして2時間近く。
そのあと又いつもより多く運転した。
夕方から背中、肩、首、後頭部が痛かった。
吐きそうなくらい痛かった。
運転がいけなかったの?

(そういえばこのくらいの距離を運転するのは久しぶりかも。
まえはぜんぜんへっちゃらだったよ。)


子供の騒ぐ声が頭に突き刺さる。
じゃれつく息子を落ち着かせ、
支度の遅い娘を叱り飛ばした。
やってらんない。
何もしなくていいなら、
寝てていいならいいんだけど、
そうゆうわけにはいかないでしょ。

翌日、通院している整形外科の柔道整復師の先生に念入りにマッサージしてもらった。
昨日も少し運転した。
今朝は、腰まで来た。
前に飲んでいた、劇的に眠くなるあの薬を飲んで楽になるしかないかも。
そう看護士さんに話してみた。
「そうだね。辛いなら飲んだほうがいいね。」
処方箋は診察を受けないともらえない。
先生にそう話し薬を出してもらうことにしたけど、
「いつになったら治るんでしょう?
なんか決定的に直る方法ないですか?」

時間をかければ治りますから。
あせらなくても治りますから。

そう言われても・・・



適度な運動
姿勢が良くなるストレッチ
腰痛予防の腹筋を強くする運動

してるでしょ!



「ツーリングの計画ありませんか?」
いい季節になってきたので、お客様からそう聞かれることが多くなった。
イベントの担当は私。
だけど、こんな体じゃ途中でリタイアしたくなって迷惑かけそう。

無料弁護士相談

に行ってきました。
私は”あいおい損保”の取り扱いをしています。
自動車保険の引き受けて続きはしていますが、
自分が被害者になり、保険金を請求する立場になったのは初めてです。
物損(車)はもう示談がすみましたが、傷害はまだこれからです。
加害者の保険会社はN損保ですが、対応が非常に不安と不満を募らせるものでした。

まあ、人間は感情の生き物ですから、
感情がこじれだしたら、それを修正することは難しいですね。

感情がこじれたのは、
事故当日、事故直後に加害者が、
「救急車は必要ないですね。」
と言った言葉からなんですけど。。。

そんな風に、こじれた所から始まったので、
N損保の対応に期待をしていたのかもしれません。
100:0の追突事故だから、
被害者の私に対して優しい対応をしてくれるだろうと、
勝手に私が期待していたのです。
事故がおきると、次々と書類が郵送されてきます。
頚椎捻挫、頭部打撲の重い頭でその書類を記入し返送し、
日付が違うと送り返され、
休業損害申請のために確定申告所のコピーを用意しろと指示が来て、
えーーー?それがほんとに必要なの?!
と税務署まで出向き、
税務署の人に、
「そんな話聞いたことが無い。」
と言われ、、、
私が被害者で私の休業損害を請求するのに、
旦那の確定申告所が欲しいなんて変でしょう。
私が事業主じゃないんだよ。
事業主の妻は大抵の方が”専従者”として専従者給与をもらうことにしている。
給与をもらうので所得は源泉徴収されるんだ。
だから私の所得は源泉徴収票で良い訳なんだよね。
N損保の担当者Hさんは必要だと言い続けるから、
上司の人に代わってもらって、
税務署で言われた事を伝えると、
「こちらの手違いでした。」
ですと!!!

私の猜疑心はムクムクムク~~~
このあたりから私はネットで交通事故に関するHPを閲覧しまくっていた。

読み進むうち、
・保険会社の言いなりになるな
・保険会社の言う事を鵜呑みにするな
・保険会社は払い渋りをする

などなど思いがけない活字が次々と出てきた。
自動車保険を勧める立場なのに、
保険金を請求する立場になって、
こんな事になっていたなんて。。。

そんなわけで、
あいおい損保の無料弁護士相談に申し込みました。
そこで話した内容を、今ここでお話していいのか解らないけれど、
これだけはお勧めします。
いま、入っている自動車保険に弁護士料支払特約をつけていますか?
もしまだの方、ぜひつけてください。
こんな不条理が横行しているなんて、知らなかったけど、
保険金請求は

A 自賠責基準
B 保険会社基準
C 弁護士基準

と3段階有って
A<B<C
と高額になるんです。
何でこうゆう仕組みになってしまっているか、
この先、私も勉強したいと思います。
私が経験していくだろうこの先の出来事も書きとめていきたいと思います。

怪我の経過

事故から2ヶ月が経ちました。
毎日、整形外科に通い、

首の牽引
腰の牽引
電機治療
マッサージ

各10分ずつしてもらってます。
単純に40分。
でも混んでいればそれぞれで待たされたりすると、
1時間~1時間30分かかります。。。
最悪なのは雨降りの日曜日。
病院の休みの日曜日は治療をしていないので、
頭痛、耳鳴り、腰痛、足の痺れと戦っています。
痛み止めを飲まなければいられません!!
整形外科で処方された薬は恐ろしいほどの眠気を誘います。
事務机の前で、意識を失うように眠ってしまいます。

ああ眠い、眠い、、、はっ、ねちゃいかん!

と言う葛藤が出来ないのです。

ああ眠い、、、
ドン!

と眠りに陥ってしまうのです。
お行儀が悪くてごめんなさい。
昨日も、
「ママさん、寝てる?」
と、G君に起されてしまいました。。!!



新しいパートナーとも仲良くやってます。
07-01-25_17-12.jpg

これはガングロたまごちゃん
でなくて
07-01-25_17-13.jpg

このメーター周りで判別できたら、
あなたはかなりの車フリークです!!!!!
 | HOME |  » ▲ page top