FC2ブログ

プロフィール

末ママ☆

  • Author:末ママ☆
  • 娘(ちぃ)’97生まれ
    息子(ゆっきー)’02生まれ
    の二児の母です。
    2006年4月より、松涛館流空手を習い始めました。

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

参加しています!

http://blog.with2.net/link.php?153084


カウントダウンツリー



ブロとも申請フォーム


あし@


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あこがれ

クロカン、SUVと言うカテゴリーの車に、
私はひそかな憧れを抱きつづけていた。

それはまだ、バックドアにスペアタイヤを背負った車を、
すべてジープと呼んでいた可愛い頃の話。


多感な20歳前後に知り合ったエミ。
自由奔放な雰囲気の明るい彼女は、
お父さんのジープが愛車だった。
軍(自衛隊?)から払い下げられたというその車、
迷彩色のカーキグリーンの車体色だった。
ガラゴロというディーゼルエンジン特有音を立て、
幌付のジープを乗り回していた。
ジープだったのか?
ジープっていうのは車のメーカーで、
カテゴリーじゃないとと知ったのは、
ペーパードライバーを卒業したほんの数年前なんだけど。

その頃はミッション車が普通で、
エミの愛車ももちろんミッションだった。
ガラゴロと音を立て、街中を疾走する彼女の愛車に、
2度ほど乗った事がある。
運転席からよじ登るように後部座席に乗り込んだ。
その車にはリアシートがなかった。
乗車定員4人なのに、
リアシートは背面に座椅子をボルトでつけたような折りたたみイスだった。
腰を止める2点シートベルトが有ったと思う。
カーブを曲がる度、大きく体が振られ、
幌の隙間から落ちてしまいそうになったことも有った。

クルンとした巻き髪をポニーテールに束ねて、
黒いタートルネックに赤い口紅を引いたエミがハンドルを握っていた。
横に並んだ車のドライバー、
すれ違う車のドライバー、
必ずといっていいほどそのジープのハンドルを握っている、
可愛い女の子の顔を覗き込んでいた。

ハンドルが大きくエミの細い腕の中でゆれていた。
クラッチが重く半クラが辛いと言っていた。
免許は取ったものの自分が運転する図を想像できなかった私には、
エミの運転姿はとてもまぶしかった。

いつか、私も、こんな車を運転してみたい。

何故そんなにも強い印象が残ったのか解らないけど、
ランクルプラドが手元にやってきたとき、
とても嬉しかった。
あの頃、
かわいいエミが、
勇ましく乗り回していたジープに近い車を、
運転できた事がとても嬉しかった。
スポンサーサイト

怪我の経過

事故から2ヶ月が経ちました。
毎日、整形外科に通い、

首の牽引
腰の牽引
電機治療
マッサージ

各10分ずつしてもらってます。
単純に40分。
でも混んでいればそれぞれで待たされたりすると、
1時間~1時間30分かかります。。。
最悪なのは雨降りの日曜日。
病院の休みの日曜日は治療をしていないので、
頭痛、耳鳴り、腰痛、足の痺れと戦っています。
痛み止めを飲まなければいられません!!
整形外科で処方された薬は恐ろしいほどの眠気を誘います。
事務机の前で、意識を失うように眠ってしまいます。

ああ眠い、眠い、、、はっ、ねちゃいかん!

と言う葛藤が出来ないのです。

ああ眠い、、、
ドン!

と眠りに陥ってしまうのです。
お行儀が悪くてごめんなさい。
昨日も、
「ママさん、寝てる?」
と、G君に起されてしまいました。。!!



新しいパートナーとも仲良くやってます。
07-01-25_17-12.jpg

これはガングロたまごちゃん
でなくて
07-01-25_17-13.jpg

このメーター周りで判別できたら、
あなたはかなりの車フリークです!!!!!

お土産

出来る範囲で稽古をしています。
空手は思っていた以上に下半身を安定させ、
上半身をひねるような動作が多いので、
徐々に徐々にしていますが。。。
師範も私を気に掛けてくださり、
「スエさん、無理しないで。」
と何度も声をかけてくださいます。。。
足が上げれません。
前蹴りで片足立ちになると力が入らずふらつきます。。。
やっぱり、身体に限界を感じて、落ち込む~感じです。
でも、ココで無理しても仕方ないから、
痛いと思ったらそこで動作をやめさせていただきます。

空手は地道な稽古が多いです。
今日の稽古は型が中心で、
平安初段から5段まで見よう見まねで付いていきました。
私のすぐ前は初段のE君。
E君のまねをしながら、遅れ遅れで付いてきます。

ヘロヘロしている所へ、師範が今日は”試割”をすると。。。
E君をはじめ子供達が喜ぶ事!
そう、空手と言えば瓦やブロックを割るデモンストレーションが有名ですね。
でもその本当の意味が


試割とは
自分の突きや蹴りの強さと正確さを瓦や板で試してみる。
事だそうです。

私にもできるかしら?(やらせてもらえるかしら?割る事が出来るかしら?)
疑問符を抱え上級者から並ぶ列の最後尾に並んで師範の説明を聞いて。。
きれいに上手に割れる子。
割れなくて拳をさすっている子。
娘は後者でした。残念。

ワクワクしながら私の番が来て、
師範の言う通り、腹の底から声を出し、

追い突き!

パン!

気持ちのいい音と共に、割れてしまいました!!



07-01-27_21-48.jpg

07-01-27_21-50.jpg

と言う事で、お土産でいただいて帰りました。
割れた事はとっても嬉しかったけど、
基本に忠実に突きを出せたから割れたんだと、
それが一番嬉しかった。
子供達用に割れやすい、板の真中に節がないのを選んできたと、
師範が言われてましたが。

ギャップ

ブラウン管の向こうで、
黒い服をまとった小柄な男性が、
何人もの人に囲まれていた。
その男性は声を詰まらせながら、
取り囲んだ人間の質問に答えていた。

それなのに、
私達夫婦は、
息子を追い立てるように朝食を食べさせている。


来月、娘の10歳の誕生日だったんです。

搾り出すように嗚咽を抑えながら、
小柄な男性は答えた。

昨日、10本のろうそくを消した娘。

居たたまれなくなり、私は電源を消した。
無言で箸を動かす息子を茶碗越しに眺め、
日常の生活に戻った。
日常の生活に戻れる幸せを、噛締めた。

10年

娘が10歳の誕生日を迎えた。

10年前のこの日の明け方、ただならぬ腹痛で目がさめた。
陣痛とはどんなものか?
産み月になりナーバスになった私は体の変化を必要以上に拘っていた。
「寝ていてもね、陣痛だと目がさめるんだよ。」
2年先に出産していた先輩ママがそう言った。
ほんの少しの張りが陣痛だと思い、時計と睨めっこしたりした。
陣痛か?
定期検診で予定日通りでしょうと先生に言われ、
この痛さで陣痛でないなら、
本物の陣痛とはいったいどんなものなんだろう。

そしてその本物の陣痛がやってきた。
腹痛で目がさめ、時計を見ると明け方6時少し前だった。
ひとしきりの腹痛がおさまり、
また腹痛がやってきた。
腹痛が治まりウトウトと布団の中でしていると、
またあの腹痛がやってきて目がさめた。
前回の腹痛からきっちり15分だった。
これが本物の陣痛か?!
それまで何度も陣痛の空振りをしてきた私は隣に寝ている旦那に、
それを伝えるのをためらった。
もう少し、様子を見よう。
まんじりとしない布団の中で、
時計を睨みはちきれそうに膨らんだおなかをさすっていた。
(今日、出てくるの?)
そうつぶやいていたら、耐え切れない腹痛がやってきた。
時計は前回の痛みから、やっぱり15分経過していた。

その日は火曜日で旦那の仕事は休みの日だった。
生まれる日は仕事が休みの日だったら、立会い出産すると言っていた旦那。
休みの日に生まれるようにと、昨日はいつもより遠くまで散歩に出かけた。

「今度こそ、本当の陣痛だと思う。」
寝ている旦那の耳元でそう伝えた。
病院から渡されたしおり通り、陣痛の間隔が10分になるまで時計をにらみつづけた。
初産だから、陣痛の間隔が短くなるのに時間がかかる。
その間にシャワーを浴びて入院のために準備した荷物をもう一度確認した。
「痛たたたた。」
間隔が10分になった。
病院に電話し、入院用の荷物を積み込み旦那は車を飛ばした。


とても寒い日だった。
日が落ちて寒さが増すと、この土地では珍しい雪が舞ってきた。
暖かい陣痛室でその事を聞いた私は、
こんな日に生まれてくるお腹の子がドラマチックに思えてきた。


そんな日から10年が過ぎた。
娘が生まれた日から10年が過ぎた。
10年。



寝顔

子供の寝顔を見て、夫婦の会話が弾む。

寝相の悪さは誰に似たんだ?
息子と娘が同じように体をひねって掛け布団に絡まってるよ。

今日の寝顔は、
なんか”ムンクの叫び”みたいで可愛いかった。
そう旦那に伝えると、

写真撮っときなよ。
こーゆー顔は今しかないんだからっ!

はいはい、カメラ付携帯電話でパチリ。

VFTS0065.jpg

VFTS0066.jpg



なんだか新機種のデジカメのコピーみたいな台詞が旦那の口から出てきた。

娘はベットから落ちそうだぞ!

VFTS0067.jpg

VFTS0068.jpg


誰に似たんだ?

ざわざわざわ…

横断歩道で信号待ちをしていたら、
きっちりシフトダウンしながら減速をした白バイが止まった。
排気音よりモーターみたいなエンジン音の方が大きいよ。

ヒュ~ン
と加速して行っちゃった。
教習所で聞いていた音に近いね。

ってその前に自分のバイクの音に近いじゃん。
VFRとCBは近いか?
と言う突込みに対し、
このところ純正マフラーのサウンドを聞いていないので、
よりいっそう、そう思ったのよ!!

乗りたい。。

ザワザワザワ~
とさむイボが出来た。

年の初めの・・・?

あけましておめでとう・・・
と言いかけて、
今日はもう15日。
年が明けてもう2週間も過ぎちまった。
ガーン!!

で、今から私のせねばならぬことは、

確定申告!!

\(゜ロ\)(/ロ゜)/

去年はさ、
余裕綽々でさ、
へへへ~ん♪
って出来たのに、

今年は追い込みの11月末にお釜掘られてそれど頃じゃなくなってさ。

ああぁ。
コレも慰謝料にツケといたろか(`´)
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。