FC2ブログ

プロフィール

末ママ☆

  • Author:末ママ☆
  • 娘(ちぃ)’97生まれ
    息子(ゆっきー)’02生まれ
    の二児の母です。
    2006年4月より、松涛館流空手を習い始めました。

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

参加しています!

http://blog.with2.net/link.php?153084


カウントダウンツリー



ブロとも申請フォーム


あし@


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無料弁護士相談

に行ってきました。
私は”あいおい損保”の取り扱いをしています。
自動車保険の引き受けて続きはしていますが、
自分が被害者になり、保険金を請求する立場になったのは初めてです。
物損(車)はもう示談がすみましたが、傷害はまだこれからです。
加害者の保険会社はN損保ですが、対応が非常に不安と不満を募らせるものでした。

まあ、人間は感情の生き物ですから、
感情がこじれだしたら、それを修正することは難しいですね。

感情がこじれたのは、
事故当日、事故直後に加害者が、
「救急車は必要ないですね。」
と言った言葉からなんですけど。。。

そんな風に、こじれた所から始まったので、
N損保の対応に期待をしていたのかもしれません。
100:0の追突事故だから、
被害者の私に対して優しい対応をしてくれるだろうと、
勝手に私が期待していたのです。
事故がおきると、次々と書類が郵送されてきます。
頚椎捻挫、頭部打撲の重い頭でその書類を記入し返送し、
日付が違うと送り返され、
休業損害申請のために確定申告所のコピーを用意しろと指示が来て、
えーーー?それがほんとに必要なの?!
と税務署まで出向き、
税務署の人に、
「そんな話聞いたことが無い。」
と言われ、、、
私が被害者で私の休業損害を請求するのに、
旦那の確定申告所が欲しいなんて変でしょう。
私が事業主じゃないんだよ。
事業主の妻は大抵の方が”専従者”として専従者給与をもらうことにしている。
給与をもらうので所得は源泉徴収されるんだ。
だから私の所得は源泉徴収票で良い訳なんだよね。
N損保の担当者Hさんは必要だと言い続けるから、
上司の人に代わってもらって、
税務署で言われた事を伝えると、
「こちらの手違いでした。」
ですと!!!

私の猜疑心はムクムクムク~~~
このあたりから私はネットで交通事故に関するHPを閲覧しまくっていた。

読み進むうち、
・保険会社の言いなりになるな
・保険会社の言う事を鵜呑みにするな
・保険会社は払い渋りをする

などなど思いがけない活字が次々と出てきた。
自動車保険を勧める立場なのに、
保険金を請求する立場になって、
こんな事になっていたなんて。。。

そんなわけで、
あいおい損保の無料弁護士相談に申し込みました。
そこで話した内容を、今ここでお話していいのか解らないけれど、
これだけはお勧めします。
いま、入っている自動車保険に弁護士料支払特約をつけていますか?
もしまだの方、ぜひつけてください。
こんな不条理が横行しているなんて、知らなかったけど、
保険金請求は

A 自賠責基準
B 保険会社基準
C 弁護士基準

と3段階有って
A<B<C
と高額になるんです。
何でこうゆう仕組みになってしまっているか、
この先、私も勉強したいと思います。
私が経験していくだろうこの先の出来事も書きとめていきたいと思います。
スポンサーサイト

子供の成長

今まで空手の稽古の時、息子はおばあちゃんに預かってもらっていました。
いずれは息子も一緒に稽古をお願いしたいと思っていたけど、
お婆ちゃんの都合が悪くて稽古につれてきたことが何度かあるけど、
4歳の息子には”難しい”らしく、
私にまとわりついいて集中できないの。
おまけにみんなが集中している時に、

「かあちゃん!かあちゃん!
かあちゃんってば!!!

と、大声で叫ぶし。。
ご迷惑をかけてしまうので連れてこられなかったのです。

最近、年中さんのA君がお仲間になりました。
それもあって、師範が息子を稽古に連れてきてはどうかと誘ってくださったのです。
師範のお言葉に甘え息子を連れて行って、回を重ねるごとに息子が変わってきました。
私のそばから離れなかった息子が、
私のとなりにピッタリくっついて、蹴りが当たってしまった事もある。
私の体にまとわりついて、身動きを取れなくさせていたこともある。


それが!

師範の指示通り、列に並び、見様見真似で打ち込みや蹴りをするようになったのです。
ほんの少しの間ですが。。。

始まりと終わりの挨拶も、
私の隣じゃなく、娘の隣で。。。


成長したなぁ。


稽古中、飽きた息子が私のかばんから勝手に携帯電話を取り出し、
写真を撮っていた画像↓。



07-02-08_karate.jpg


さあ私は何処にいるでしょう!
わはは!
すぐわかるよね。

はりきっちゃいました。でも・・・。。

毎日の治療は欠かせないけど、
ずいぶんよくなってきました。
リハビリの先生に、
直りにくいのが運動不足のせいかもしれないと言われました。

ハイ!了解です!

先週は鼻炎のせいでお休みして、
かなり欲求不満気味の私。

今日は準備体操からすべてついていきました。
2週間ぶりの稽古に、体中がグリス切れでギシギシ言ってます。
柔軟な体が上達の早道とわかっていても、
不惑を越えた体、しかも病み上がりには、キツー。
開脚、又割はごまかしてしまいました。ごめんなさい。


来月の昇級審査に向けて、
型の練習が中心で、審査前に事前練習というか、
そんな感じで、師範が採点してくださいました。


うーん。。。。。。。。。。。。


3ヶ月のブランクは大きいでしょう。
また一から出直し、稽古しなおしって感じで、
昇級する事だけが目標ではないけれど、
採点されれば良い点を取りたいと思うのが当たり前。
事故してなければ、
休んでいなければ、
体の自由が奪われていなければ、、、
と、恨めしく思ってしまいました。

恐縮です。。。

行きつけ(?)の整形外科の待合室のTVが、

こたえてちょーだい!
今日の話題は”15歳で出産!!!


なーんてのが流れてた。
ヲイヲイ。
こんなお天気のいい、うららかな日に、
こーゆー話題はつらいよなぁ。
などと順番待ちをしながら、ぼーっと眺めていたら、、、、、、






「お、おかあさん・・・・・」


ほぇ。ど・ち・ら・様?

げっ、息子の保育園の先生じゃん。


「あっ、先生?!どうかされたんですか?」

なんだか、先生、もごもごしてる。

「実は。」

と先生の影から息子が出てきた!!!

「申し訳ありません!」

息子の左眼の目尻にガーゼが貼られてる。


えええっ。うちの息子ですか?


話を聞くと、廊下で転んだ拍子にどこかで打って切ってしまったらしい。
恐縮しながら状況を説明する先生の横で、
ムスッとした顔を変えずに息子がじっと立っていた。
私と目が合っても、表情一つ変えない。
ガーゼの隙間から傷の様子を見ると、
5mmぐらい切れて血がにじんでいた。
にじんでいた血はもう固まっているようだし、
まあまあ、そんなに気を使わないでくださいと伝えた。
「痛かった?」
「・・・・・」
「転んだの?」
「・・・・・」
返事がない。

看護師さんやリハビリの先生が気を使ってくれて、
私の順番を息子に合わせてくれた。
診察室で先生に見てもらうとき、
「目は大丈夫でしょうか?」
保育園の先生が心配してくださった。

息子の表情は変わらない。
自分に都合が悪いとき、こんな風に黙り込むんだな。。。

「お誕生日会、出たかった?」
保育園の先生が息子に聞いた。
息子の表情が変わり、悔しそうな恥ずかしそうな顔をしてうなづいた。

明日も受診した方がいいと指示があった。
私の返事は待たずに保育園の先生が連れて来てくださるといってくれた。
息子を先生に託し、私は治療に向かった。




今日は2月生まれのお友達のお誕生日会だった。
みんなで歌を歌うんだと、昨日から楽しみにしていた息子。
午後、担任の先生から謝りの電話があった。
楽しみにしていた誕生日会の前にすごく張り切っていたと。
受話器の向こうで謝りつづける先生。
恐縮しちゃうよ。



遠州弁で言う所の、

ちょうけてた

ってことやね。
自分が悪くて転んじゃって、
それが、こんな大事になってちょっと困ってたんだね。
保育園に通ってなかったら、
もっともっと沢山の生傷が絶えないと思われる我が息子。
先生、大丈夫だよ。
子供に怪我はつき物さ。




※ちょうける
って、
調子付いてふざけるって意味ね。

来たんだよ

ニュースの天気予報コーナーを見ていたら、
黄色い粉末が飛び散る画像が大写しになった。


「今年のスギ花粉情報です。今年は暖冬で1月中旬より花粉の飛散が観測されました。」




ひーーーーーーーーーっ



ビンゴじゃん!!!!!!



来たか。。。

処方された薬のおかげで、
大変快調な日を送っています。

感謝感謝。

来た?

恐ろしいほどの鼻炎に襲われた。
くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、頭痛。。。

花粉?
ですか?


そんなことはない!
昨日、食べた鱈ちりに沢山の葱が入っていたから。
最近、葱を食べた次の日、鼻炎になるんだよな~
だからそれだよ。
鼻炎で何が困るって、
くしゃみをする度、腰に響くのだ。
2週間前も酷い鼻炎に襲われた。
そのとき、まるでギックリ腰になったかのような激痛が走った。
そのことを、整形外科のリハビリの先生に言うと、
「俺もそうだったよ。くしゃみは気をつけてね。」
ですと。
唾液が飛ばないようにくしゃみをすると、
恐ろしいほどの腹圧がかかることをご存知ですか?
その腹圧で脊椎がずれるのではないかと私は考える。
でも、人前で気持ちよくくしゃみなんて出来ない。
ブシッ、ブッゥ。
変なくしゃみは厳禁だ。


きょうも、葱だよ。葱アレルギー!!
でも、あまりにも酷すぎる。
去年かかった内科に行くと、


「来た?来た?来たか~。。
俺はまだだよ。もう来てるのかなぁ」

そう、この先生、花粉症なんです。

私:「いえ、花粉かどうかわかりませんよ。ヘックシュン。」
先:「まあ飲んどけば安心だから。去年と同じのだしとくね。」



だから、花粉じゃないかもしれないですってば。
意識朦朧。。。

あまりに酷い鼻炎の為に、空手の稽古はお休みさせていただきました。
なんだか、切ない。
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。