FC2ブログ

プロフィール

末ママ☆

  • Author:末ママ☆
  • 娘(ちぃ)’97生まれ
    息子(ゆっきー)’02生まれ
    の二児の母です。
    2006年4月より、松涛館流空手を習い始めました。

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

参加しています!

http://blog.with2.net/link.php?153084


カウントダウンツリー



ブロとも申請フォーム


あし@


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人から見ると

息子の保育園の親子遠足でした。
普段、ほかのお母さん達と交流が少ないので、
こうゆう行事がすごく苦手なんですよ~

息子の仲の良い子、4家族で遊んだりお弁当を食べたりさせていただいたんですが、
その中の一人のママに、
「ゆっくんのお母さんって大変でしょう?」
とねぎらいの言葉をかけてもらっちゃいました。
「ゆっくんてさ、パワフルだから、家でもきっと大変なんでしょう?」
と。。。

はい、すっごく大変です!!

そう笑いながら話したけど、
息子とそんなに沢山、接触があるとは思えないんです。



な・の・に!

そーゆー発言が出たという事は、
送迎のほんの数分の中で息子のパワフルさを感じられるんだ。

そんでもって別の子のママに、
「ウチの子(男の子)はすぐメソメソ泣いたりするから、ゆっくんのたくましさを少しでももらいたいから、
お休みの日に今度一緒に遊んでね。」
とも言われました。


そ・そ・そ・そうなん?

保育園の送迎の時間では挨拶しかできないから、
こんなにゆっくり話せる機会がないと、
息子がどう思われてるかなんて解んないよ。

で、もちろんこの日もパワフルな息子は、
煉瓦の階段で足を滑らせ、脛から血を流していました。
「生傷絶えないね。」
そう言われ、
「はい」
そう答えました。。
旦那製作のお弁当です。448205436_219.jpg

スポンサーサイト

超びっくり!!

息子の保育園の5月生まれのお誕生日会でした。
今まで一度も顔を出したことがなかったのですが、
息子があまりにしつこく、
「かあちゃん、きてよ。ぜったーーーい、きてよ!。」
とせがむので行ってまいりました。
いつでも自由参観をうたっている保育園なので、
イベントがある日は保護者用のいすが用意されてます。
昨日は私を入れて3人のママでした。
自由だから仕事の都合がつかないと来られませんもんね。
まぁ、ここが自営のいいところなんですが。
年長さんの司会で始まり、5月生まれのお友達が先生に呼ばれ前に出ます。
「では、自己紹介をしてもらいましょう。」
名前と、
将来の夢を一人づつ言います。


「スズキハナコです。しょうらいはおはなやさんになりたいです。」

かわいいのぉ。
息子の番です。電王だろうな、きっと。
私はお決まりのパターンを想像していました。

「すえむらゆきたかです。
しょうらいは、
ばいくをなおすひとに、なりたいです!!!」


鼓膜が破れるかと思うくらいの大声で、息子が叫びました。
で、耳を疑いました。
かあちゃんは今まで一度も聞いたことがないぞ。

なんだかんだ言っても、旦那のしていることに興味心身の息子。
店のブログをアップしている横で、整備中のバイクの画像をもっと見せろと言うし、
家にあるドライバー類はおもちゃ箱の中だし。

「直してるの」 07-04-24_19-58.jpg



と言いながら、おもちゃのねじを全部はずしてしまうし。。

自転車の空気圧をやたらと気にするし 07-02-11_11-38.jpg


でもさ、旦那の下で働くのはかなり苦労すると思うよ。
誰かのショップで下働きさせてもらってきてね~

5歳になりました

DSCF3117.jpg

我が息子、5歳になりました。それじゃ7だよ。
DSCF3121.jpg

「なんでちょこれーとけーきじゃないの?!」
なんて言いながら、ご満悦でした。
どんどん人間に近づいていくよ。
少しさみしい。

県大会終了

大会が終わりました。
約束通り、旦那の運転する車で豪雨の中、
静岡北部体育館に送ってもらいました。
ここの隣にある静岡県中部免許センターは、
その昔、大型二輪免許を限定解除と言ったころの試験場でした。
と言うことで、旦那も何度かここに通っていたそうなので、
郷愁をそそったそようです。

会場についてみると、同じ支部の子供たちはすでに揃っている様子。
時間に余裕をもって集合!
と前日に師範から連絡が来ていたのに、
私達はぎりぎり到着でした。
でもって、重大な問題が発覚!!!
空手衣の中に着るのは、白以外×だと、
Mちゃんママに教えられました。
エエエエェェ!知らなかった。
Mちゃんが予備で持ってきていた一枚を娘にお貸しいただけると言われましたが、
Mちゃんは小柄な3年生。お持ちのサイズは120cm。娘は160cmを着用してます。。。
無理だと思うからって辞退してたら、
お隣に座っていたMちゃんのおばあちゃんに、
「着てみないと解らないわよ。」
と、うながされお借りすることとなりました。
ありがとうございます。
さすがに私が着れるサイズのものはどなたもお持ちではありません。
ああ、うちの支部にも女性の方がいたら、でもってお貸しいただけたら、、(他力本願です)
準備体操を始めましたが、
頭の中は真っ白。。白いTシャツ白いTシャツ。

そう言えば、男子は素肌に空手衣を着てもいいけど、
女子は白の丸首Tシャツ着用って習い始めの時に注意書きを渡されたんだった。
今日、私達母娘は支部の黒いTシャツを中に着てきたんです。
(どどどど、どうしよう。さっき来る時に7・11があったから、あとで急いで買ってこようか。。)
準備体操が終わり観客席に戻って、旦那から車のかぎを受け取ろうとその話をしたら、
「買ってきてやるよ。」
って。旦那、感謝感謝。
プログラムを見れば私の番は一番目だし(+_+)
会場をうろうろしていたら娘が旦那から託されたTシャツを持って走ってきました。
急いで着替えて自分のコートに向かい、、、
出場順に整列して開始を待って、
前後ろにいる方達とあいさつをし、
(緊張するな、リラックス!エンジョイ!楽しむ!)
師範からのお達し通り、試合だけど緊張しすぎないこと、を心がけました。
合同稽古で顔なじみになったTさんもいたので話しかけました。
「緊張するー!」
そんな声が1番手の方から聞こえました。
周りを見渡すと、マイケル先生がそばにいたので、
思いっきり手を振りガッツポーズをしてみました。
マイケル先生も答えてくれました。
「余裕ありますね。」
一番手の方にそう言われ、
「こうでもしないと、緊張してダメなんですよ。」
と笑って答えました。
前回、初めて出場した西部大会では、
がちがちに緊張して声もろくに出なかったんですよね~。

私は3番目。

名前を呼ばれて、腹の底から返事ができた。
始めてから3分の1ぐらい過ぎたところで、
もっとゆっくり丁寧にやらなきゃだめだ!
そこまで考える余裕があった。
とてもおしいことに、最後のきめの上げ受けで、
足がぶれてしまった。
朝の準備体操の時もそうなった。
あー終わった。
あんなに意気込んで迎えた大会なのに、
大会開始40分ほどで私の出番は終わってしまった。
結果は12人中、びりっけつ。

娘の試合が始まるのでカメラを取りに観客席に行ったら、
旦那にきつい一言。
今思えば当たっている、言われて当然のことなんだけど、
その時はショックだったなぁ。
あの程度で自己満足している自分を全否定されたような、
そんなきもちになって、思いっきり言い返してしまった。

カメラを持って娘のコートへ行くと娘がこれまた、
びりっけつだったら~」
と言うし。傷口に塩を塗られた私は、
本気の本気で大人げなく怒ってしまいました。
娘が壁にへばりつくように小さく体育座りして自分の順番待ちをしていました。
カッカする頭と、大人げない気持ちが交差して、
こんな私もさすがに母親らしく、娘の試合が始まる直前には、
がんばれと声をかけました。
私の出場した試合は自分の得意な型を演舞し審判員のつける点数で競います。
娘が出場する型の試合はトーナメント形式で主審が指定した型を演舞して、
勝敗が決まり勝ち進むという形です。
主審が指定する型は7つのなかのどれかです。
実は娘、7つのうちまともにできるのは3つ。
かなりシビアな試合内容だと思います。
初戦は相手が棄権のため不戦勝。DSCF3068.jpg


さっそうと、型を披露する、かっこいいショートカットの子や
審判の指定した型を聞き取れず、演舞できず泣いちゃう子もいたり、
もう私は親度100%で自分の時より緊張しました。

2回戦、娘の番が来たとき、指定された型は、昨日一夜漬けで練習した、
平安4段!!!!!ナント幸運なんでしょう!

実は、この一夜漬けも旦那と論争になったんです。
娘は稽古の時しか練習する気がなく、
家で予習復習しようと持ちかけても嫌がってやりません。
稽古の度に師範に注意されても、その時は悔し泣きするけど、それで終わり。
旦那にそんな話をしたら、
「今から覚えろ!」となったわけですね。
「勝たなきゃ習っている意味がない!勝つ気がないなら何のために習っているんだ!覚えなきゃ勝てないだろう!」
と。。。。。
本人のやる気がなければどうしようもないと思う私だったんですが。。
試合の判定は相手方に上がり、娘は負けてしまいましたが、
途中で固まることもなく一つの型を最後まで演舞できました。
旦那の発言は正しかったわけです。

マイケル先生の演武DSCF3064.jpg
中央のお髭のダンディな方がマイケル先生です。カッコイイ!!


午後からは組み手の試合です。
試合前の練習風景DSCF3072.jpg
中央のブレザーを着た方が師範です。

娘はかなりいきごんでいました。
「こんどは勝つ!」
DSCF3075.jpg

でもね、残念でした。
隣のコートで審判をしていた師範が、
「教えていない技を出していましたね。」と。。
あいつ、、、、、
「同年代の子達の試合をビデオに撮っておいたら、
今後の参考になりますよ。」そう師範に言われました。
「押忍」
確かに、ワンツーのとび足がとても軽やかで、突きも早くて的確だし。
娘のそばに行きそう耳打ちをしたら、
「だってうちの相手は黒帯だっただに!」
まぁそうなんだけどね、それを言い訳にしちゃいけないんだよ。
冷静に言って見ものの娘の耳には蓋がしてありました。

Mちゃんの組み手の試合です。
DSCF3087.jpg





そのあと、中学生~高校生~一般の組み手の試合を見学したんですが、
迫力が違いますねぇ。
鼻血流血、失神(?)アリ。
今回、私は組み手出場を見合わせたんですが、
なんだかムズムズしてきまして、次回は是非、組み手にも出させていただこうなどと考えてしまいました。


大会終了後、家に帰るまでの車の中で、
相変わらず私は悶々としていました。
勝負をしたくて出場したわけじゃない。
確かに、成績と言う証拠が残ればそれに越したことはないけれど、
勝ち負けを競うために空手を習い始めたわけじゃない。
でも、傍から見ると勝たなければ意味がないと思われる。

夜遅く師範からメールをいただきました。
大会役員として後片付けをし、今帰宅しましたと。
時間を見れば22:35。。ありがとうございました。

”御両親は空手を始めさせた時の動機を忘れないでください。試合に勝つために始めたわけではなかったと思います。勝ち負けは運、毎回の稽古に対する取り組み方、稽古量、強い意識及び理解度と・・・”


試合にでるなんて始めた時は思ってもみなかった。
娘と二人、体を動かせればそれでよかった。
精神的な弱さを克服したい。
そんな感じだった。

そっか、誰かに評価して欲しくて始めたわけじゃないんだから、
旦那から言われたことなんて気にしなくていいんだ。
自分がどれだけ納得できたか。
それでいいんだよね。

念願達成

富山県砺波市のチューリップ祭りの存在を知ってから何年になるだろう。
毎年GW期間中のみ開催なので、
人出の多さに尻込みをし、
行きたいと願いつ5,6年たつと思う。

0:50自宅出発。
富山県砺波市のチューリップ公園に向けてGO!です。
深夜の高速道路は空いていて、
東海北陸道なんて前も後ろも視界のなかに車がいません。
こんなことはめったにないぞ!
とカメラを構え写真を撮ってしまいました。
でも、よく考えると、このあたりは事故がとっても多いんだ。
「バカ、何か写ったらどうすんだ。消せ。」
旦那にそう言われ、あわてて消しました。
旦那は出発前に3時間ほど寝ているので、
私は遠慮なく(?)助手席でコックリしてしまいました。
砺波ICへ4:00ごろつき、会場そばの駐車場で仮眠しました。
砺波市すべてがチューリップで飾られているように、
道路わきのプランターはチューリップ。
DSCF3006.jpg

信号機の電柱&街灯もチューリップ。
DSCF2925.jpg

DSCF2938.jpg

DSCF2944.jpg

DSCF2965.jpg

DSCF2955.jpg

球根のオブジェ
DSCF2976.jpg

花びらがギザギザ、これもチューリップ。
DSCF2993.jpg

右も左もチューリップだらけ。
これだけの数のチューリップを一斉に咲かせる苦労を想像しちゃう。
DSCF2998.jpg



この地方ならではの散居村。
ちょうど水田に水が入っていたので、
水の中に家が浮かんでるみたいね。
DSCF3024.jpg

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。